2012年02月19日

新入社員としての入社準備って何が必要?

内定から本採用になり、いよいよ入社を待つばかりとなってホッとしている方も多いのではないしょうか?

また、入社までにどんな準備が必要なのかとドキドキしている方も多いのではないでしょうか?

では、入社までにはどんな準備を済ませておくことが必要なのでしょうか?

まず、会社から指定されている書類は全て早めに用意しておいてくださいね。

一般的には、以下のような書類が求められます。

・身元保証書
・卒業証明書
・機密保持の同意書など、その他企業から求められている書類
・年金手帳
・給与振込の口座番号

これらの書類は出来るだけ早く用意しておきましょう。

入社してから会社を休んで役所に行くなんてことは、特に新人の間はやってはいけないことですよ。

18歳になれば国民年金の加入が義務付けられていますから、おそらく両親が年金を代わりに支払い、手帳を保管してくれているはずです。

もし、その手続きがされていなかった場合には、自分で役所に行って手続きを行い、未納分を支払わなければならないということになります。

それに、銀行口座は、企業によっては銀行が指定されていることもありますから、そのような場合には新たに口座を開設する必要があるのです。

まずは、これらの手続きを事前に済ませておく必要があるのです。

さらに、入社後は昼間会社を休んで何かをするというのは難しくなりますので、歯の治療などは入社前に済ませておくとよいでしょう。

そして、出来ればビジネスマナーについての書籍を購入するなどして、一般的なビジネスマナーは身につけておくとよいでしょう。


この記事がもしお役に立てていたならば、ポチッと、お願いします。
posted by 独り暮らしを始める at 22:15 | Comment(0) | 新入社員の入社前手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
相互リンク
新入社員マニュアル
新社会人マニュアル - 自立した大人になるぞ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。